もつ鍋のセットを通販で購入するとすべて一式になっているので店の味を自宅でも味わえる

もつ鍋のセットを通販で購入するとすべて一式になっているので店の味を自宅でも味わえる

冬は自宅で家族そろって、温かい鍋を囲んでぬくもりたいという方も大勢いらっしゃるでしょう。
水炊きやすき焼き、さらにはてっちりなど、色んな鍋料理が日本にはあります。
そんな中、B級グルメブームの昨今ではもつ鍋に人気が集まっているのをご存じでしょうか。
これは福岡地方の郷土料理で、牛や豚のホルモンを材料にしているものです。
もつ鍋は以前はホルモンの下処理が難しいということで、さほど一般家庭では作られないものでした。
ところが現在ではネット通販のお取り寄せセットがあり、もつ鍋も例外ではありません。
簡単にその魅力をここでご紹介をしていきましょう。
もつ鍋セットには計20種類のもつと、ニンジンや白菜・ニラ・ニンニクなどの野菜も一式で含まれているのが魅力です。
さらにはスープも同梱されているため、届いたその日に食卓に出せるというわけです。
下処理もしっかりとされた状態で、本場のお店で味わうのと変わらないものを堪能できます。

もつ鍋の料金の安さはどこが良いのか検証しました

冬はお鍋が食べたくなる季節ですが、特に栄養満点のもつ鍋がスタミナ料理として近年ブームにもなっています。
美味しいモツの専門店に行きたいものの、お鍋ものは総体して高いのが現状です。
そこでもつ鍋のお値段の目安ですが、自宅で作って食べるのと、お店に食べに行くのはどっちの方が安くつくのかを検証してみました。
自宅で作る場合は、ニラやキャベツなどの野菜の具に、モツを準備します。
ホルモンは部位やランクで値段が変わってくるので、比較的手に入りやすいモツだと安上がりですし、少しお値段が高めの高級モツでも500円前後で買うことができます。
そのために、お値段はかなりお手頃だといえそうです。
そしてお店の場合は、大体1人前4000円ぐらいが相場です。
そう考えると、一人当たりの単価はかなり高くなります。
ただしその代わり、お店で食べる食事は、家で食するものに味は比べ物になりません。
料金の安さだけをとると家が良いでしょうが、本当に美味しいものを食べたい場合はお店に行きましょう。